おすすめのビジネス本紹介&要約【4冊目】

今の時代、ツイッター、インスタグラム、ブログなど自分の意見を発信する場面は多い。

しかし、小論文や読書感想文など、文章で物事を伝えるとなると突然書けなくなる。何書いて良いかわからず、苦手だと思っている人は多い。

しかし、本当は苦手などでは無いと言いたい。

「今すぐ書けの文章方」堀井憲一郎

なぜ上手く書けないのか

そもそもなぜ書けないのか?

それはきちんと伝えようとしているから上手く書けないのです。

例として定食屋をあげると

「食べたものは焼き肉定食。肉は豚。タレは甘い。具材は玉ねぎ、人参、千切りキャベツ。一緒にご飯、お味噌汁、漬物がついてきます。無料で大盛りにできるのでお腹いっぱいにでき、学生にお勧めです。」以上。

・・・・・でうまかったの?不味かったの?て聞きたくなります。

どうすればいいか

多くの人に見てもらうのに自分の私見であるおいしい、まずいを抑えるのはわかります。  

日本人としては正しいのかもしれません。

ただ「伝えたい」なら自分を入れるべきです。文章の良い悪いを超えて気持ちがそこに出てくるから。

もちろん「美味しかった」だけではダメです。その場合は見た目や素材などの「公」を入れてください。

スポーツにしろ文章にしろなんだって同じです。

自分を出すしかない。

最後に

オススメは堀井憲一郎さんの「いますぐ書け、の文章法」

これを読んでから、文章を書くのが楽しくて仕方ない。

プラスでどう書いたら良いのか、端的にアドバイスもあるのでこれは本当にお勧め。

今から書こうと思ったらまず書いて欲しいのだけど、その前に「いますぐ書け、の文章法」これだけは読んで欲しい。

今までに読んだ文章に関する本10冊分の価値はあります!

Follow me!

おすすめのビジネス本紹介&要約【4冊目】” に対して2件のコメントがあります。

  1. ピンバック: 20代におすすめの人生を変えるビジネス本7選![ビジネス本の選び方&種類別紹介]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です