集中できない理由は超シンプル

集中できない原因

あなたはこのような経験があるでしょうか?

  • ベットや布団に寝転び、本を読んでいたら寝ていた
  • 椅子に座りパソコンに向かっていると、いつの間にか前傾姿勢になっていて首や肩が疲れる
  • 長時間のデスクワークになると、あくびがたくさん出る

これらはいずれもしょうがない事だと思っていませんか?
違います。
上であげた3つのように集中が切れる原因は「姿勢」です。
集中に適さない姿勢のまま作業することが無駄にウィルパワーを消費することに繋がっているのです。
ウィルパワーについてはこの記事で詳しく書いています。

絶対に先延ばしにしてはいけない理由


作業前に姿勢を整える。
たったこれだけの準備が、あなたの体を集中しやすい状態に導いていきます。 


何故姿勢を正すことで集中しやすくなるのか?

その理由は脳の仕組みにあります。
集中力を司るウィルパワー。それを司る脳のエネルギー源は「ブドウ糖」と「酸素」です。
そしてこの2つを脳に届けているのが「血流」
この脳へ向かう血流と密接に関係しているのが「姿勢」なのです。
血液は心臓がポンプの役割を担い、身体中を巡る。
通常はこの血液循環のみで、生活するに足るエネルギーが全身に供給される。
しかし、集中力を持続させて発揮させたい時は脳は通常よりも「ブドウ糖」と「酸素」を必要とします。
そこで問題になってくるのが「姿勢」


腰が曲がり猫背になる→胸が圧迫され自然と呼吸が浅くなる→血液循環が落ち脳が求めるベースの酸素の供給が滞る
→あくびが出たり、ボーッとして集中力が低下

だから腰を伸ばし、血液循環しやすい環境を作ることで酸素も十分に供給されるのです。
「姿勢を正すこと=集中力を高める」

今回参考図書
「自分を操る超集中力」著メンタリストDaiGo

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です